taronoblog127

taronoblog127

1995年(平成7年)1月17日に阪神大震災が起きてから,早22年が経ちました。
大地震により,6000余の方々が犠牲になられました。
震災後も,震災のために苦しんでおられた方々も沢山おられます。
これまでに亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
震災当日,京都も震度5の地震に襲われましたが,
TAROパパも,あの日を決して忘れることはありません…。




日曜日には,たくさんの雪遊びができて,とても満足した様子のTARO&JIROでした。
今日の散歩中も,雪を求めて歩いているようでしたが,
残念ながら,道路も田畑も,雪はほとんど残っていませんでした。

CIMG8203.jpg



ただ1つ,雪が少しだけ残っていた場所は,拙宅近くの古墳公園でした。
CIMG8202.jpg



雪が見れて,興奮しているワンコ達
CIMG8196.jpg



お山のてっぺんや斜面でのクン活をなかよく楽しむTARO&JIROでした。
CIMG8200.jpg

CIMG8198.jpg




【番外編】 シリーズ「介護士のTAROパパは見た④ ~ 「施設の選び方」(その2:後編) ~

「施設の選び方」(その2)では,
「運営法人」「他の入居者」「設備と住空間」「食事」「家族との関わり」についてご説明します。
最後に,介護士のTAROパパが見た生の声もご参考にしてくださいね


6.運営法人

最近は,介護を専門とする企業だけでなく,
医療系・不動産・建設系等の参入が増えてきています。
それぞれ得意分野がありますので,
自分の求めるサービスと合ったところを選ぶとよいでしょう。
また,民間企業が経営するホームは大手企業であっても,
運営法人の交代や,中には倒産した例もあります。
経営母体の介護事業の実績,財務状況,事業理念,情報開示要求への対応等を
確認しておきましょう。
安定した運営が維持・継続できているかどうかは,
入居率や退去率で,ある程度推測できます。
退去率が高い場合は,退去理由を尋ねてみてもよいでしょう。

7.ほかの入居者

ホームで楽しく暮らすためには,既に入居している人たちの雰囲気もポイントのひとつです。
入居者の男女比や年齢,要介護度がどれくらいの人が多いか等もチェックしておきましょう。
食事の時間帯の食堂は,多くの入居者が集まっており,施設の雰囲気がよくわかります。
食事の試食が可能なら,入居者と一緒に同じものを食べてみるのがよいでしょう。
また,好感が持てるホームには,
体験入居してみると,ホームの一日の生活全般がよく見えてきます。
体験入居は是非やってみてください。

8.設備と住空間

介護が必要になってからも安心して暮らすためには,
設備,住まいの場としての空間が重要になります。
例えば,
○廊下は車椅子ですれ違える広さがあるのか?
○居室も車椅子に対応しているか?
○ドアの形状や床材の材質はどうか?
○浴室設備はどんな身体状態まで対応しているのか?等です。
また,外出が困難になっても,
庭やバルコニー等,緑に触れる空間があることも望ましいでしょう。
居室に自分のお気に入りの家具や仏壇等を持ち込めるかも確認しておきたいポイントです。

9.食事

食事は,生活の満足度を高める重要な要素になります。
献立表等をチェックして,献立の傾向を見てみましょう。
○管理栄養士がいるのか?
○施設内で料理は作られているのか?
○療養食等の個別対応や、咀嚼や嚥下機能低下への対応は可能か?
等も確認しましょう。
楽しい演出のある行事食も生活に張りが出ます。
食べなかった場合の利用料金や,メニュー選択の幅(事前に申し込む、その場で選べる等)についてもチェックしておきましょう。

10.家族とのかかわり

ご入居される方にとって,ご家族の面会は何より嬉しいものです。
施設側がそれをどの程度大事に思っているかによって対応も変わってきます。
○訪問時間に制限はあるのか?
○訪問した家族の居場所や食事の用意はしてもらえるのか?
○宿泊できるゲストルームはあるのか?等。
同じ食事を摂ることで、入居者がどんな食事をしているかがわかるので安心です。
入居者の外出、外泊が可能かもチェックしておきましょう。


《 老後にTAROパパが施設に入居することになったとしたら… 》
roujin_syokuji.png
もし,TAROパパが老後に脳梗塞等を患って身体が麻痺し,
有料老人ホーム等の施設に入居することになったとしたら,
これまでご紹介してきた10点の中でも,
「職員の質」「設備と住空間」「食事」の3点に目を付けて,入居する施設を選びます。

介護職に就いて今年で8年目となるTAROパパ。
短期間の派遣を含めると,今の勤務先で8つ目の施設になります。
ですから,色々な施設を見てきました。
日々,施設で働きながら,
「こんな施設だったら,将来,お世話になってもいいかなあ」とか
「こんな施設には絶対にお世話になりたくない」とか思いながら働いてきました。

特に,TAROパパが入居条件にこだわるのは,一番の楽しみとなる「食事」面です。
TAROパパが勤務してきた8つの施設の中で,
食事が美味しかった施設は,たった3施設だけでした。
そして,2施設は,食べたくない程のまずさでした。

お料理の作り方は,施設によって色々違います。
施設内に厨房があって,手作りしてくれているところもあれば,
給食センターから取り寄せているところもありますし,
本社工場で製造した冷凍弁当を,施設でチンして提供している施設もあります。

もし,TAROパパが入居目的のために施設を見学した節には,
ランチや夕食を実際に食べさせていただき,
食事時の入居者様でにぎわう食堂も見学させてもらって,
入居者様から生の声をお聞きしたいと思っています。
それほど,生きていく上で「食」は一番大切な問題だからです。   (おわり)


生まれて初めて雪遊びができて,嬉ちかったでつ~。
今度はいつまた雪遊びができるか楽ちみにちておきまつ。
今日もポチッとお願いちまつ。
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
Beagle Hug  
雪はまだ残ってますか?

雪の味をしめちゃったのですね(笑)動画見ましたが、JIRO君本当に楽しそうです☆
そして、パパさんの方をチラチラ見るTARO君がすっごく可愛かったです♫そしてそんなTARO君を挑発するJIRO君(笑)
また積もると良いですね☆

駅伝は、岡山2位でしたー!
ワンツーフィニッシュですね(╹◡╹)

2017/01/18 (Wed) 21:41 | EDIT | REPLY |   
TAROパパ  
No title

~ Beagle Hugさんへ ~
駅伝で,京都も岡山も好成績でよかったです。
でも,もっと好コンディションの中で走らせてあげたかったです。

雪の中で兄弟なかよく遊んでくれて,ほんまに嬉しかったです。
JIROが雪上でもTAROを上手くリードして遊んでくれました。
でも,もうこんなに雪が積もることはないでしょうね。
その分,ワンコ達は思う存分に遊んでくれたのではないでしょうか?!

2017/01/20 (Fri) 06:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply